デイサービスでの仕事は、病院とはまったく違います

残業や夜勤が無いことから、ブランクのある子育て看護師に人気があるのがデイサービスでの仕事です。パートや派遣などの求人がかなりあります。
病院から転職した場合はかなり臨床とは仕事が違うので違和感があるかも知れません。どんなやりがいがあるのでしょうか。

基本的に介護士がやることは看護師もやります!

デイサービスは、昼間に利用者さんに食事や入浴などの介護サービスを提供する施設です。
車での送迎や、残業などは介護職員が行うというデイサービスもありますが、施設によっては看護師も送迎します。
慣れないうちは、レクリエーションも大変かもしれません。

 

看護師としての仕事は?

バイタルチェックと入浴の可否判断がメインの看護業務となるでしょう。他の医療行為としては、胃ろうやストーマ、インスリン注射の介助、薬の服薬介助などを必要に応じて行います。(医療行為には医師の指示が必要)
他には、緊急時の対応です。デイサービスでは、ナースがひとりの事が多いです。そのため、ある程度の臨床経験が必要となります。

 

やりがいについて

確かに医療行為にやりがいを感じるのであれば、もの足りないかもしれませんね。
デイサービスでは利用者さんと直に長く付き合っていくことになります。普段はぶっきらぼうな利用者さんから感謝の言葉をもらうことも。
病院と違って、介護が必要とは言え元気なお年寄りが多く、笑いが絶えないデイもあります。施設によってはOTやPTがいて、リハビリに力をいれているところも。
また、デイサービスの看護師によって、疾患の早期発見に繋がることもあります。
看護師がいるというだけでも、利用者さんは安心できるんです。
とはいえ、ナースとしてというより、デイサービスの一員としてどうやって施設を良くしていくのか考え実行していくことに喜びを見いだせる人に向いているでしょう。