年収は扶養内に抑えた方がいいの?

パートやアルバイト、非常勤として看護師に復帰する場合、年収をどのくらい稼げば良いのか悩みますよね。旦那さんの扶養内で働くために、103万円や130万円以内に抑えた方が良いのでしょうか?

103万円の壁って何?

配偶者の所得がない場合、38万円の配偶者控除が適用されます。年収が103万円の場合、給与所得控除65万円と基礎控除38万円を引くとゼロになります。
つまりは配偶者の年収が103万円以下なら、38万円の控除を受けられるんですね。
ただ、104万円になったからといっていきなり税金が高くなるわけではありません。年収140万円までなら配偶者特別控除があり、段階的に控除額が下がっていくので安心して下さい。

 

130万円の壁は気にした方がいいかも

こちらはちょっと重要です。控除では無く、社会保険が影響します。
年収が130万円を超えると、配偶者の扶養家族から外れるため、自分で健康保険料、年金保険料を支払うことになります。
この社会保険の扶養範囲の130万円というのは、厳密に計算するのではなく、月に10万8334円以上の収入が継続してあるかで考えます。保険組合によっても微妙に130万円の考え方が違うようです。
また、被保険者の収入の半分以下である必要も。例えば、旦那さんの収入が250万円の場合は、125万円以上で扶養から外れてしまいます。

 

世帯収入で考えよう

パートやアルバイトでも130万円を超えると、社会保険の負担が増えるため、130万円を少し超えるくらいならギリギリに抑えた方がいいでしょう。160万円以上なら世帯収入は大きくなることが多いです。
どのくらい稼ぐのか初めから決めておいた方がいいでしょう。
旦那さんが自営業の場合は、妻も最初から国民健康保険や国民年金に加入しているため、130万円の壁はありません。どんどん稼いで下さい。